リサーチ

メーカーリストのストック方法

どうも、ユウカです。

今回はメーカーリストのストック方法についてお伝えしていきたいと思います。

メーカーリストの管理方法

Amazon販売セラーのIDストックと同様、

こちらもGoogleのスプレッドシートを使っていきます。

Googleスプレッドシートはこちら

Gmailアドレスを登録していない方はこちらの記事をお読みください。

Gmailアカウント登録方法はこちら

こちらのシートには

①メーカー名

②メーカーサイト

③送信回数

④送信日

⑤返事有無

⑥交渉条件

⑦備考欄

⑧Amazonの商品ページ

という項目を作って入力しています。

メーカー取引交渉量と気をつけるポイントという記事でもお伝えしていますが、

1つのメーカーにつき3回まで私は交渉メールを送るようにしています。

ですので、送信回数や送信日、返事の有無を把握することで

次、いつメールを送るかどうかを判断しています。

 

また、交渉条件というのは

メーカーから差し出される条件のことです。

・アポイントの依頼

・ロット数の条件

・実店舗の有無 など

ここではどのような交渉条件がメーカーから来ているのかを整理します。

 

そして、備考欄には進歩状況を記入します。

メーカーとメール交渉中だったら、「交渉中」

利益が取れない商材だった場合は、「利益取れず辞退」など

全てのメーカーの進捗具合が一目みて分かるように、記入していくと後々便利ですので、

まだリストを整理できていないという方は、このように管理できるといいと思います。

おわりに

いかがでしたでしょうか?

リストを作ると、今までに何社に交渉して現在何社と取引しているのか、

客観的に数字で把握することができるようになります!

「数字を把握する」ということは経営者にとってとても大事ですので、常に進捗状況を数字で把握できるようにしましょう!

また、googleスプレッドシートを使えば、シートを共有できるので外注する時などにも役立ちます。

ぜひgoogleスプレッドシートを使って管理してみてください!

 

輸入・輸出ビジネスランキングに参加しています!

ポチッと押してもらえると嬉しいです!


輸入・輸出ビジネスランキング

関連記事

  1. リサーチ

    保護中: メーカーリサーチ方法(カテゴリー・キーワード検索)

    このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパ…

  2. リサーチ

    ◇中国輸入◇ アマゾンのセット販売リサーチ

    どうも、ユウカです。今回はアマゾンで売れている商品の関連商品リサー…

  3. リサーチ

    ◇中国輸入◇ 画像検索リサーチ

    どうも、ユウカです。前回は中国ECサイトから日本ECサイトで出品さ…

  4. リサーチ

    タオバオからの逆リサーチ

    どうも、ユウカです。今回は中国輸入におけるタオバオからの逆リサーチ…

  5. リサーチ

    Amazon販売セラーのIDストック

    どうも、ユウカです。今回はAmazon販売セラーのIDストックにつ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. メルカリ

    メルカリ登録方法(パソコン版)
  2. メルカリ

    メルカリとは
  3. 国内メーカー

    【国内メーカー】注文から商品到着までの流れ
  4. 国内メーカー

    メーカー取引交渉量と気をつけるポイント
  5. マインドセット

    『成功者の考え方』とは
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。