リサーチ

Amazon販売セラーのIDストック

どうも、ユウカです。

今回はAmazon販売セラーのIDストックについてお話しします。

メーカーリサーチをしていくと、ある程度セラーの数が増えてくるかと思います。

増えてくるとセラーの管理が大変になりますよね。

そこで今回は私が行っているセラーの管理方法についてお伝えしたいと思います。

Amazonセラーの管理方法

私は、Googleのスプレッドシートを使っています。

Googleスプレッドシートはこちら

Gmailアドレスを登録していない方はこちらの記事をお読みください。

Gmailアカウント登録方法はこちら

 

こちらのシートに

①日付

②セラー名(セラーID)

③URL

④商品ページ数

⑤過去30日の評価

⑥全評価

⑦取り扱いメーカー名

⑧備考欄

という項目を作って入力していきます。

セラーの商品ページ数や過去30日の評価、全評価が多ければ多いほど

稼いでいるセラーということが分かります。

慣れてきたら、評価の多いセラーに絞ってリサーチするといいと思います。

1つのセラーから数十社のメーカーと契約が取れるなんてこともあります!

また、取り扱いメーカーも重要です。

取り扱いメーカーをストックしていくことで

どのような業種のメーカーに交渉すると、上手くいくようになるのかが分かるようになってきます。

商品ページの見方

ライバルセラーのリサーチはストアフロントを開いて1ページ目から行うようにしましょう。

知っている方もいるかもしれませんが、1ページ目の一番上の左端が一番売れている商品です。

販売個数が多い順に商品が表示されています。

①②③

④⑤⑥

⑦⑧⑨…

このような順番になっています。

ですので、1ページ目からリサーチを行えば効率良く探すことができますね!

おわりに

セラーのストックが多くなってくると、リサーチしようと思った時に

どのセラーをリサーチしようか迷ってしまうと思います。

そんなときは、評価数が多いセラーからリサーチするといいでしょう。

また、定期的に同じセラーのリサーチは行うようにしてください。

以前はなかった商品を販売している、ということはよくあります。

新規商品を取り扱い始めたらチャンスです!!

ライバルが仕入れたばかりということは、同じ条件で取引ができる可能性が高いということです。

以上のことに気を付けながら、リサーチを進めていきましょう!!

 

輸入・輸出ビジネスランキングに参加しています!

ポチッと押してもらえると嬉しいです!


輸入・輸出ビジネスランキング

関連記事

  1. リサーチ

    タオバオからの逆リサーチ

    どうも、ユウカです。今回は中国輸入におけるタオバオからの逆リサーチ…

  2. リサーチ

    ◇中国輸入◇ アマゾン出品大学を使ったリサーチ方法

    どうも、ユウカです。今回はアマゾン出品大学を使ったリサーチ方法のつ…

  3. リサーチ

    メーカーリストのストック方法

    どうも、ユウカです。今回はメーカーリストのストック方法についてお伝…

  4. リサーチ

    ◇中国輸入◇ 画像検索リサーチ

    どうも、ユウカです。前回は中国ECサイトから日本ECサイトで出品さ…

  5. メルカリ

    ◇メルカリ◇ セラーリサーチ方法

    どうも、ユウカです。今回はメルカリのセラーリサーチ方法についてお伝…

  6. リサーチ

    ◇中国輸入◇ アマゾンのセット販売リサーチ

    どうも、ユウカです。今回はアマゾンで売れている商品の関連商品リサー…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。